2017年11月24日

歯周病と糖尿病

戸塚の歯科、とりがおか歯科 本田です。

 

11月8日はいい歯の日。山梨県では県内の内科と歯科とが相互に協力して糖尿病と歯周病の患者さんを紹介しあうシステムを構築したそうです。

 

厚生労働省の平成28年国民健康・栄養調査によると、糖尿病が疑われる成人の推計は1千万人。糖尿病の可能性が否定できない糖尿病予備軍を加えると計2千万人にものぼるそうです。

 

糖尿病は、尿に糖が混ざる病気とだけしか思ってない方も多いかと思いますが、重要なポイントは血管の病気であるということです。

詳しい説明は内科の先生のほうがお詳しいと思いますので割愛しますが、血管内で高血糖状態が続くことで血管にさまざまな障害を引き起こします。

 

歯周病は、歯の周囲(歯肉や歯槽骨)におこる細菌(嫌気性菌)による病気です。具体的には歯茎が腫れたり、歯がぐらついたりする病気です。

細菌が周囲組織に存在することで内毒素を出し、炎症が起こります。

炎症状態は血管が開いている状態でもありますので、容易に血管内に細菌や毒素は悪影響を与えることができると考えます。

 

糖尿病はもともと血管に障害が出ている状態でもありますので、歯周病は悪化しやすく、歯周病の細菌自体がその血管に悪影響を及ぼし糖尿病の症状も悪くする方向になるとも推察されます。

 

逆に、メカニズム的にも歯周病を改善することで糖尿病も改善していくケースもあります。

歯周病は糖尿病の合併症の一つであると考えても言い過ぎではありません。

 

歯肉から血が出る。歯茎が腫れた、口臭が気になる症状があっても、歯科を受診すると痛いのではないか、すぐに歯を抜かれるのではないか、などと不安ばかりが先行して受診をためらう患者さんも多いことと思われます。

 

まずは歯科医師に相談してください。当院では説明を十分にさせて頂き不安な点を可能な限りなくします。

 

踊場駅近く とりがおか歯科 本田でした。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年03月23日

在宅での口腔咽頭吸引

戸塚の歯科 とりがおか歯科 本田です。

 

とりがおか歯科では現在、主に木曜日に訪問診療を行っております。
当院では、訪問歯科現場経験の豊富な歯科衛生士の佐藤とともに、多くの患者さんを拝見させて頂いております。
訪問診療をしていると、在宅でベッドの上で過ごされている方も多く、中には気管切開をされている方や、嚥下障害により口腔や咽頭に痰などの口腔分泌液が貯まってしまう方も多くいます。それが原因となり死因の上位にもなっている誤嚥性肺炎となることもあると言われております。歯科は口の中だけをみている訳ではないのです。正しい知識と経験がなければ対応できません。

 

喀痰の吸引が必要な患者さんでも当院では適切に対応できるように研修を受けた衛生士が訪問しております。
訪問診療をご希望の方はまずお電話にてご連絡をお待ちしております。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年09月28日

歯科検診で紙をもらいました!

戸塚にある歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 Dr.Toridoc.です。

今日も質問が届きました。
「歯科検診で、歯医者さんが来てくれて、虫歯なしっぽいんだけど、Gって紙に書いてある。これは歯医者さんにいかなくても子供の虫歯は大丈夫よね?」

 

歯科検診では、検診結果を紙でお渡ししていたりしますね。この結果の見方が分かりづらいようですね。
今回は、この歯科検診の結果の紙の内容について説明できたらと思います。

保育園や幼稚園、そして小・中・高校では定期的に歯科医師が歯科検診を行なっています。
主には虫歯の有無や歯肉炎の状態などを見ていますが、その他に読んでいるだけでは分かりづらいことがあります。

学校などで行う歯科検診では多くの場合はこういったことを、判断してます。
◼︎虫歯
CO(シーオー):初期虫歯、虫歯になりかけた歯。この段階であれば、ブラッシングや定期的なフッ素の塗布などの予防的な管理で虫歯を拡大させることが防げることもあります。
C(シー):虫歯がある歯。いわゆる要治療歯。
○(マル):治療完了している歯。

 

◼︎喪失歯
△:すでに失ってしまった永久歯

 

◼︎要注意乳歯
×:要注意乳歯

この乳歯があることで、ひいては永久歯に影響が出そうな乳歯。永久歯が生えてきているのに抜けてこない乳歯など、抜歯が必要なこともあり、歯科を受診したほうがよいと考えます。

 

◼︎歯垢(プラーク)
これは虫歯や歯肉炎の原因です。
多くの場合、歯磨きが上手くいってません。
歯磨きの仕方は、せっかく歯磨きしていてもやり方が明らかに誤りであると、時間をかけても歯垢を落とすことができなかったりします。歯科医院ではその子にあった磨き方をご指導しますので歯磨き練習をするべきだと考えます。
◼︎歯肉炎
GO:歯肉炎になりかけている。歯肉の軽微の炎症があって歯石の沈着はない状態。歯磨きを上手くおこなうことで改善していきます。
G:歯肉炎。歯肉の明らかな炎症があり、歯石が沈着していることもしばしばある状態です。歯科医院での診察が必要です。

歯肉の炎症と書いて歯肉炎ですから、大きい意味で歯周病です。歯周病は中高年の方がかかる病気というわけではありません。メタゲノム解析という口腔内細菌について根こそぎ解析可能な最新の検査でも、小児のお口の中から歯周病原菌が見つかることもあります。小児の歯肉の表面に炎症があることを放置しておくと、将来的に静かに進行し歯を支える骨が溶ける歯周病へと進展します。その原因は歯の表面に付着した歯垢。やはりここでも歯磨きが重要です。また、歯石となっていることもあります。

 

◼︎歯並び
歯並び、咬みあわせ(前歯が出ている、下あごが出ているなど)に問題がある可能性がある場合に、こちらにチェックが入ります。
歯科医院受診を。

噛み合わせに関わる専門用語は以下にまとめてみました。

叢生(そうせい):乱ぐい歯。八重歯もこれにあたる。歯がまっすぐ並んでいない状態で、歯が外やや内に出たり入ったりしています。
過蓋咬合(かがいこうごう):奥歯で咬んだ時に上の前歯が下の前歯に覆いかぶさり、下の前歯がほとんど見えなくなってしまう状態。
上顎前突(じょうがくぜんとつ):上の歯が下の歯より正常よりも前に出ている状態。
下顎前突:下の歯が上の歯より前に出ている状態。
開咬:奥歯で咬んだ時に、上の前歯と下の前歯が全く触れず、隙間が空いてしまう状態。

 

◼︎顎関節
お口の開け閉めや、噛んだりしたときに、顎の関節に異常がある状態。たとえば、カクカク音がなる、こめかみあたりの筋肉が痛いなども考えられます。歯ぎしりやくいしばりも顎関節の異常につながることもあります。

 

◼︎その他の専門用語
過剰歯:通常よりも余分に歯がある。
先天性欠損:通常よりも歯が少ない。
癒合歯:2本の歯がくっついて1本になっている。
エナメル質形成不全:歯の最表面にある硬いエナメル質がうまく作られないことがあります。そのため、歯が柔らかくて脆く虫歯になりやすい状態です。
粘膜の異常:粘膜にできものができている状態。粘液嚢胞など
小帯の異常:小帯という上唇や舌にある紐の様なつっぱりが、過剰に長かったり太かったりする状態。

このように歯科医師は幼稚園や学校でこういったことを判断しております。

限られた時間の中で限られた設備のなかで、多くのお子さんのお口のことを判断しております。その中で少しでも怪しいと判断した場合は、実際に精密検査すると全く問題ない場合でも、この歯科検診の結果にチェックが入ります。

歯科検診は、お口の中のことを考えるよいきっかけになりますので、検診結果を受け、信頼のおけるかかりつけの歯科医院で診察を受けると、お子さんの健康も維持できるのではないでしょうか。

以上、戸塚の歯科 とりがおか歯科 Dr.Toridocがお送りしました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年09月14日

歯医者さんに定期的に行くメリットは何ですか?

戸塚にある歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 Dr.Toridoc.です。

 

今回の質問は

◆歯医者さんに定期的に行くメリットは何ですか?

 

「僕は今21歳大学生、小学校の頃から歯磨きは一日一回です。痛みが出たり、穴が空いたりしたことはないのですが、歯医者さんは嫌いで、通いたくはありません。逆に定期的に歯医者さんに行くメリットは何ですか?」

 

定期的に歯科に受診していただくメリットは多くあります。

通いたくないとうことであれば、自らの歯磨きの精度を上げ、食事にも気を付け、歯ぎしりなどの習慣についても留意を払うことができればのお話ですが。

 

歯科医師人生を歩んでいると、70年間歯科に受診したことがないという患者さんもいたりします。

ただ、実際には、その間痛みがなかった、気にならなかったということだけであり、お口の中は虫歯と歯周病に侵された歯ばかりでした。

 

歯科医師は、以下に挙げるようなご自身が気づかないところまで目を配り診察しております。

 

■虫歯

■歯周病

■舌など粘膜の病気(がん)

■顎関節

■歯ぎしりなどの習慣

■舌癖

■唾液不足など口腔乾燥

■嚥下障害

■歯並び

■糖尿病など口腔にも症状の出る全身疾患

その他多数。

 

定期的に歯科医師が拝見できれば未然に防げる病気や、その病気のリスクを下げることができると思います。

そこに歯医者さんに定期的に行くメリットがあると考えます。

 

いかがでしたでしょうか。まだまだ気になることがあればどしどし言ってくださいね!

 

戸塚の歯科 とりがおか歯科 Dr.Toridoc.でした!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年09月03日

歯周病や心筋梗塞などの病気とたばこの関係

横浜市戸塚区 踊場駅近く とりがおか歯科 Dr.Toridocです!

「2016年8月31日の新聞でも話題になっていますが、厚生労働省の有識者検討会で22の病気がたばこが原因である可能性があると報告書が出ましたね。そこに歯周病も入っているのですね!どう関係があるのか分かりやすくまとめて欲しいな」という質問。今回これをできるだけまとめさせて下さい!

 

目次

1.厚労省検討会の報告書のまとめ

2.たばこと歯周病との関係

3.対策について

 

1.厚労省検討会の報告書のまとめ

厚労省の有識者検討会で以下に挙げる病気について、喫煙(たばこ)との関係が確実と判定されました。喫煙者のみならず受動喫煙まで踏み込んだ報告となってます。また、日本人への影響を判定している点でもより身近に感じる報告書となっているようです。

 

◾︎喫煙(たばこ)との関係が確実とされた病気◾︎

【喫煙者】

▪︎がん

肺、咽頭、喉頭、鼻腔 副鼻腔、食道、胃 肝臓、膵臓、膀胱、子宮頸

▪︎歯周病

▪︎心筋梗塞

▪︎脳卒中

▪︎腹部大動脈瘤

▪︎慢性閉塞性肺疾患

▪︎結核(死亡)

▪︎2型糖尿病

 

【受動喫煙】

▪︎心筋梗塞

▪︎脳卒中

▪︎肺癌

▪︎乳幼児突然死症候群

▪︎喘息

 

国内外の喫煙と健康に関して分析をしている論文を約1600件解析し、喫煙との関係を病気ごとに4段階で判定したそうです。なかでも歯周病を含むがんや心筋梗塞、2型糖尿病などの病気との関係については最高のランクで、確実と評価されました。

 

上記には記載されておりませんが、次のランクである可能性がある病気としては、認知症、関節リウマチなどもあがってます。

 

受動喫煙については乳幼児突然死症候群、喘息、肺がんも確実とされ、可能性があるのは乳がんなどの疾患も挙がっているようです。

 

2.たばこと歯周病との関係

たばこには4000もの化学物質とニコチンなどの200もの有害物質があり、そのうち70種類は発がん性を有するとも言われております。たばこのお口の中への影響についてですが、以下のことが挙げられます。

 

▪︎口腔がん

▪︎歯周病

▪︎歯肉へのメラニン色素沈着

▪︎口臭

など

 

口腔がんは先の報告書には確実とまでは挙げられておりませんが、お口の中という特性上、たばこの影響は避けられません。扁平上皮癌などの誘因となっていると考えます。

がんについては、なかなか治らない口内炎のような症状から本来赤い粘膜色なのに白くなっているだとか、気になる症状があれば、歯科医師に相談すべきだと考えます。

 

本題の歯周病についてですが、端的に言うとたばこの煙が歯周組織に悪い影響を与えます。

たばこに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があり、また、一酸化窒素は組織への酸素の供給を妨げてしまいます。そのため、免疫を担当する細胞などがうまく働くことができず、歯周病菌に対しても抵抗出来ず、いつのまにか歯周病が進んでいきます。

この「いつのまにか」が重要で、たばこを吸っている方の多くはご自身が歯周病になっていることに気づいておりません。

ニコチンの作用で血管収縮が起こると出血しづらくなります。歯肉自体もその刺激で線維化してしまい硬く出血しづらくなります。喫煙していない方は、歯周病が進行すれば歯ブラシ時の出血も認めるとこも多いので、まずいと思って歯科医院を受診されるケースが多いのですが、喫煙者の方はそういった症状も少ないので、受診が遅れ歯の動揺や痛みを認めるころには手遅れというケースもあります。

喫煙されている方に、そのまま歯科治療を行ったとしても、治癒も悪いことが多いのも事実です。治療に反応しにくいのは、おそらく歯肉の血流に関わっています。血液は身体に栄養や酸素も送っておりますが、免疫など傷や炎症の治癒にも大きく関わっております。

 

また、たばこに含まれるタールにより歯肉にメラニン色素沈着を起こすことも言われており、これは受動喫煙のケースで、お子様に認めることもしばしばあります。

 

喫煙者もそうですが、受動喫煙者についても歯周病リスクがあります。これは、大人だけでなく、子供にも歯周病を起こすことを示唆しております。

 

3.対策について

喫煙がよろしくないことは百も承知だと思いますが、どうしたらよいのか。

喫煙者本人の問題だけであれば、禁煙外来に通って頂き、禁煙していくことが対策となるでしょう。

喫煙で失ったリスクは、禁煙によってリスク回避できることもあります。

とかく歯周病については、完全に禁煙をして頂けると治療によい方向に反応してくれます。見違える程です。

 

軽いたばこにするという方もいるかも分かりませんがリスクを下げるまでになるかは疑問も残ります。フィルター部にある穴の数でニコチンやタールの量が薄まっている可能性があります。フィルター部分は指や唇で塞がれる可能性も高いため、穴が塞がれ、空気と薄まらずかなりの量の有毒物質が入る可能性があるからです。

 

今回の報告で、受動喫煙についてかなりクローズアップされており、やはり読み流すことはできない文言として乳幼児突然死症候群もたばこと関連があるということです。未来に羽ばたくはずの子どもが、これによって亡くなることは悲しいことです。

現在、公共の場所のすべてで屋内全面禁煙としている世界の国は2014年時点で49カ国あるそうです。屋内の100%禁煙化を目指すべきとの提言もあります。

 

今回、科学的にたばこと癌などの複数の病気との関連を調べることができており、喫煙者のみならず、副流煙による受動喫煙についても提言していることで、たばこと健康を考えるきっかけになればと思います。

 

戸塚の歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 Dr.Toridocでした。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

戸塚にある地域のかかりつけ歯科「とりがおか歯科」のブログはこちら

「とりがおか歯科」では予防歯科に力を入れ、戸塚でかかりつけの歯医者として小さいお子様はもちろん、大人の虫歯やお口の感染症予防に努めています。今後さらに増えていく訪問診療や、健康的な歯並びに改善をする矯正治療も行っております。
戸塚の歯科、踊場駅近くの「とりがおか歯科」が更新する当院の紹介や院長の独り言、患者さんの疑問にお答えするブログが満載の『とりがおか歯科ブログ』はこちらです。