2017年06月07日

歯周病とアルツハイマー病

戸塚の歯科 とりがおか歯科 Dr.Toridocです。

 

今週、歯の予防週間ということもあり、歯周病とアルツハイマー病との関係について、話題になっておりますね。

 

歯科界でも話題ですし、各メディアも取り上げているようです。日本大学歯学部落合教授らの研究チームのマウスの実験で明らかになったようです。

今回、それを簡単に解説できればと思います。

 

要約すると、歯周病菌が作る口臭の原因でもある『酪酸』という物質が血管内に入り込み、脳へ運ばれ、脳神経細胞に取り込まれると、細胞にとってストレスである、『鉄分子』『過酸化水素』『遊離脂肪酸』などが過剰に作られ、脳神経細胞を壊している可能性があるということだ。
またアルツハイマー病の細胞輸送に関わる『タウ』というタンパク質が異常に蓄積するといわれていますが、これも『酪酸』を投与されたマウスで量が上昇したということです。

 

以前よりアルツハイマー病との関連について歯周病はリスクになると言われておりましたが、この実験によってまた関連性が強くなったと考えられます。

歯周病と全身疾患については、その細菌や毒素が血管内に入り込み、全身のいたるところに輸送される可能性があり、悪玉コレステロール増やし赤血球とくっついて血栓を作り、血管内が細くなったりつまったりすると、『狭心症、心筋梗塞』『脳梗塞』に繋がる可能性があります。また、『糖尿病』とは相互に悪くする可能性があります。
妊娠している女性については、歯周病が『早産や低体重児』のリスクを高めていたりします。これはアルコールや喫煙よりもリスクとして高いとも言われているそうです。

日本人の死因の上位である肺炎のうち、『誤嚥性肺炎』も歯周病菌が関連しており、この細菌が気管内に入り肺に炎症を起こすことで、抵抗力の低い高齢の方や癌患者さんなど、亡くなるとこもあるのです。

 

ではご自身は歯周病かどうか。自分では分かりづらい。症状も乏しいことも多いのでSilent Disease (静かにせまってくる病気)とも言われてある歯周病。

もちろん歯科医院で専門的な検査、診断受けることでわかりますし、症状が乏しくても歯科医院を受診されることをお勧めします。
ご自身では気づいていらっしゃらないかもしれませんが、明らかな以下のような症状がある場合は、受診したほうがよいでしょう。

 

◼️歯磨きで出血する
◼️口の中が粘つく
◼️歯茎が真赤に腫れている(健康ならサーモンピンク色)
◼️口が臭い
◼️唾液が出づらくなっている
◼️下の前歯の裏側がザラつく
◼️歯間に物がよく詰まる
◼️歯が長くなった
◼️硬いものを咬めなくなった
などなど。

 

気になる症状があれば、かかりつけの歯科医院を受診されてれみてはいかがでしょうか。

 

口から始まる健康を考えるいい機会ではないでしょうか。
芸能人だけではありません、『一般人も歯が命』です。

 

とりがおか歯科では開業以来一貫して、各々の症状に対する治療や日頃の管理方法について
ご指導させて頂いております。

気になる症状がある際はご連絡下さいね(^。^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

戸塚にある地域のかかりつけ歯科「とりがおか歯科」のブログはこちら

「とりがおか歯科」では予防歯科に力を入れ、戸塚でかかりつけの歯医者として小さいお子様はもちろん、大人の虫歯やお口の感染症予防に努めています。今後さらに増えていく訪問診療や、健康的な歯並びに改善をする矯正治療も行っております。
戸塚の歯科、踊場駅近くの「とりがおか歯科」が更新する当院の紹介や院長の独り言、患者さんの疑問にお答えするブログが満載の『とりがおか歯科ブログ』はこちらです。