2017年03月17日

虫歯は治る?

戸塚の歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 Dr.Toridocです。

 

ある患者さんから質問を受けました。

「昔治した虫歯が、何年か経ってまた虫歯になったのですが、虫歯は治らないのですか?」と素朴な疑問。

 

よく歯科健診でも「虫歯が治してありますね」、とか、歯科治療後に、「虫歯を治しました」といった表現を聞くことがあるかと思います。
実際には虫歯は治したというより、虫歯を修復したという表現のほうが正確だと思います。

虫歯は自己治癒しません。
たとえば指を切って切り傷になった場合、やがてかさぶたになって傷が治り綺麗な皮膚に戻りますよね。これは、血液が通っているから傷を修復するための細胞が出てきてくれて治してくれるためです。

虫歯のできる歯という組織は外側にエナメル質や象牙質といった硬組織と、その内部に歯髄という組織に神経や血管が通っています。ただ、内部の歯髄にある血管は、その外側の硬組織に血液を送っているわけではありません。
よって虫歯で硬組織に穴が空いても血液から修復するための細胞が出て自己治癒してくれるわけではないのです。
自己治癒しないので穴が空いたとしたら歯髄へ達して強い痛みが出る前に修復する必要があるのです。

 

虫歯を削って詰め物して修復しました。それは例えるなら、膝部分が穴の空いたズボンに当て布したようなそのようなイメージです。
つまりまた手入れがうまくいかなかったり、使用続けていけば再度糸がほつれてきて穴が空いてくる可能性もあるわけです。

 

虫歯はつくらないことが1番ですが、虫歯を修復することになった場合はそこで終わりではなく、注意深くメンテナンスしていくことが重要なんだと考えます。
戸塚の歯科 とりがおか歯科 Dr.Toridocでした(^^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年03月01日

歯科医師の心得

戸塚の歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 本田です。

 

診療が終わりゆっくりしているときに、今人気のドラマを観ることが多いのですが、この俳優さんの歯は被せ物だなとか、この景色素敵だな、どこだろと思うこともしばしば。
東京タラレバ娘のKEY君(坂口健太郎さん)がよく佇んでいる東京タワーの見えるあの場所は?
東京方面に学校に通う友達や患者さんから情報をかき集めこの場所は品川にあるのではという情報が!

 

品川といえば、大学の友人の結婚式や同窓会、教授の祝賀会など地方からもアクセスのよい場所です。
かつて勤めていたころ、当時の院長とともに歯科医師としても心得をこの品川で学んだ場所でもあり、それがとりがおか歯科においても生きております。

 

さて、たいてい僕が歩いて街を散策するときは建物や自然、そして歯科医院を目にいれながら、とりがおか歯科でも取り入れられることがないか探しています。

品川港南口を出てからというもの、東京タワーはビル群に隠れて見えない状態でしたが、各々のビルのテナントとして入居している歯科医院の様子をよく観察しながら、少し東京方面に歩くと、そこにたどり着きました。

 

あの景色は、
品川シーズンテラスという商業施設から田町、泉岳寺方面に抜けた景色だったのです。

Snapseed

僕も歯科医師としての心得を胸に佇んでいました。

きっと夜のイルミネーションはさらに綺麗だろうなと思います。

勝手にKEY君気分になりました(怒られそうですね)。

 

戸塚の歯科 とりがおか歯科 本田でした。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年02月25日

歯の悩みである黄ばみはどうして起こるか?

歯の黄ばみ

 

戸塚にある歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 本田です。

 

歯科医師として働いてきていると、問診時など患者さんのお困りのことで最も多い悩みが「歯の黄ばみ」だと感じます。

 

とりがおか歯科来院のきっかけは、虫歯による歯の痛みや、歯肉が腫れていることなど歯科にかからないとどうにもならないことが多いのですが、その治療が進み落ち着いてくると、実は「歯の黄ばみ」がかなり気になるとおっしゃる方が多いです。

 

もともと日本人の歯は、欧米人と比較してやや黄色気味であることは多いです。
ただ、それを差し引いても、黄色いと感じていらっしゃる。
これは、コーヒーやお茶など飲食によるものや、喫煙も影響して歯に着色成分として付着しているとも考えられます。
また、着色があるということは、その部分のブラッシングが不足していたり、口呼吸によりお口の中の乾燥が起こり唾液の洗浄作用が起こらなくなることなどが原因でもあります。
その結果着色とともに歯垢も落とせてないことが多く歯石として歯に沈着していることもしばしばあります。
とりがおか歯科では、来院されるきっかけとなる疾患への治療はもちろん、実は気になっているという症状にも細やかに配慮していくことを心がけております。

今回の歯の黄ばみについてもその原因となるものを説明させて頂き、治療させて頂きます。
歯石を除去し、プロフェッショナルクリーニングを行うと本来の歯の色を取り戻すことが出来るかと考えます。それ以上の白さをお求めの場合は、歯の漂白であるホワイトニングやその歯が被せ物の場合はか被せ直しもご検討頂くといいかと考えます。

 

戸塚にある歯科 とりがおか歯科 本田でした。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年02月12日

歯科と医科 研修医

戸塚にある歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 本田です。

 

先日、僕が研修をした病院の同期の先生方とお会いしました。

 

歯科医師、医師には研修医という過程と厳しい診療を経験を踏まないと一人前の医師、歯科医師とはなれません。

現在歯科医師で一年、医師で二年、その過程が必要となります。

 

そういった駆け出しの時代を共に助け合い過ごした仲間との再会は嬉しいものでした。

今は子供もいるものもいれば、留学をする者も、そして有名病院で活躍する者もいました!

 

 

当時も今も研修医といえども医師、歯科医師であることは変わりません。その最先端の医療水準にいつでも到達する、そして超えるよう努力することは、

僕らにとっては当たり前にやるべきことでした。

 

それから10年という時が過ぎ、僕らもいい歳になりました。

何人かは家族を持ち、皆変わらず100%で患者さんを診ていく姿勢は、改めて感じるものがありました。

 

みんなそれぞれ専門も違い、少し各々が違う環境にいますが、患者さんを思う気持ちは変わらないものだなと感じることのできる日でした。

 

若い力も侮れませんよ!

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年01月25日

歯科衛生士さんの活躍の場

戸塚にある歯科 踊場駅近く とりがおか歯科 本田です。

ある学生さんからこんな質問が。
「歯科衛生士さんのお仕事って具体的にどんな仕事をしているの?」

堅い話になりますが、歯科衛生士さんは日本においては、歯科衛生士法という法律に基づく国家資格であります。現在では歯科衛生士になるためには3年制以上の専門課程を受けることのできる専門学校や短大、大学に通い国家試験を受けて晴れて歯科衛生士の資格を取れます。

歯科衛生士さんは、女性のイメージが強いかもしれませんが、専門課程を教育受ければ、男性も資格を取ることができます。

歯科医師の指示のもと、お口の歯科予防処置、診療補助、歯科保健指導を行うお仕事です。

ちょっと分かりづらいので具体的には歯石の除去や虫歯や歯周病の予防のためのブラッシング指導、お口のや顔面の健やかな成長を促したり、食生活もお口の健康と関わっているので食育のアドバイスも重要なお仕事です。

 

活躍の場は多方面にわたります。
一般歯科クリニック、大学病院や総合病院の歯科や口腔外科、保健センターや行政、大学や専門学校の教職員、企業での営業職、社会福祉士(こちらも国家資格)など多岐に渡ります。

とかく日本では高齢社会と叫ばれており、人は歳を重ねていきます。食事をすることも、咀嚼嚥下(噛んで飲み込むこと)する力が衰えてくることが多いです。お口の中が清潔でない場合、うまく飲み込めなかったり、排出できなかったりして誤嚥性肺炎を引き起こす可能性が高くなります。日本における死亡原因の3位の肺炎(2015年人口動態統計)。そのうちの多くは誤嚥性肺炎であるとも言われております。
歯科医師と歯科衛生士さんと、そしてその患者さんに関わる医師、看護師、ケアマネージャーさんなどとチーム医療で患者さんをケアしていくことが重要になり、歯科衛生士さんの力が求められていると考えます。

 

これ以外にもこれから、たくさんのニーズや重要な業務があるかと思います。

 

歯科衛生士さんはとくに病気の予防という観点から非常に重要な職です。患者さんに1番寄り添うことのできる職かもしれません。
そのことがこれを読まれた方に少しでも伝われば幸いです。

 

とくに戸塚、弥生台、踊場、中田、立場とこの地域の方々のためにとりがおか歯科ができることを常に考えております。お読み頂きまして、ありがとうございます。
とりがおか歯科 本田でした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
http://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

戸塚にある地域のかかりつけ歯科「とりがおか歯科」のブログはこちら

「とりがおか歯科」では予防歯科に力を入れ、戸塚でかかりつけの歯医者として小さいお子様はもちろん、大人の虫歯やお口の感染症予防に努めています。今後さらに増えていく訪問診療や、健康的な歯並びに改善をする矯正治療も行っております。
戸塚の歯科、踊場駅近くの「とりがおか歯科」が更新する当院の紹介や院長の独り言、患者さんの疑問にお答えするブログが満載の『とりがおか歯科ブログ』はこちらです。