2020年に入り新型コロナウイルスが脅威をふるっており、感染者の増減があるものの依然その脅威にさらされていることに違いはありません。
その中で、人間はワクチン開発や治療方法の確立、生活様式を新しく変えるなど、ウイルスに立ち向かおうと日々努力をしています。
とりがおか歯科では開業当初から外来環(歯科外来診療環境体制)を取得しております。「院内感染を防ぐために、器具の滅菌などの衛生管理を徹底している」「緊急時に応急処置ができる装置を備えている」などの厳しい基準がありますが、とりがおか歯科は基準を獲得しています。
いままで感染予防対策として行ってきたことに加え、現段階での専門家の見解等を踏まえ、当院での感染予防への取り組みを説明させていただければと思います。
患者さんに安心できる歯科医院として通院いただけるように、より徹底し都度改善してまいります。

【とりがおか歯科での取り組み】

◆入口や待合室の消毒用アルコールの設置

◆階段手すり、ドア把手など手の触れる箇所の消毒液による清拭

◆待合室イス、御手洗、キッズスペースなど消毒液による清拭

◆入口ドアや大開口窓での定期的な換気、換気扇による持続的な換気

◆診療室内の消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなど消毒液による消毒の実施

◆床の高温スチーム清掃

◆待合室イスの間引き

◆待合室おもちゃの撤去

◆空気清浄機の設置

◆受付アクリル板の設置

◆患者さんへ来院時の体温測定

◆スタッフの出勤前の体温測定

◆診療予約枠の調整

◆適切なマスク・グローブ・フェイスシールド・ゴーグルの使用

◆グローブの患者さんごとの交換

◆患者さん用 使い捨てエプロン、コップの使用と廃棄

◆治療器具(ハンドピースやドリルなど滅菌可能な器具)の患者さんごとの交換・滅菌

◆治療器具(滅菌不可の道具)の適切な消毒

◆診療台のパーテーションおよび個室の設置

◆隣接する診療台の2m以上の間隔の確保

◆口腔外バキュームの各診療台への設置および使用

◆診療イスや操作パネル、モニタなど消毒液による清拭

◆レントゲン撮影ごとの清拭消毒

◆スタッフの頻回の手洗いおよび手指消毒

◆患者さんへ診療イス着席時のリステリンでのぶくぶくうがい