ご予約・お問合わせ045-870-4182ヨイハニ
診察・お電話受付:平日(月〜金) 9:30〜13:30 | 15:00〜18:00
土曜 9:00〜13:00 | 14:00〜17:30 日曜 9:00〜14:00 水・祝休診 P3台有
〒244-0001横浜市戸塚区鳥が丘51-9

とりがおか歯科
予約・お問合わせ

045-870-4182ヨイハニ
午前
午後
  • 月~金:●9:30~13:30/●15:00~18:00
  • 土曜日:●9:00~13:00/▲14:00~17:30
  • 日曜日:■9:00~14:00
  • 休診日:水曜・祝日

ブログ●●とりがおか歯科のブログ

2016年04月16日

抜歯後に注意すること【教えてDr.Toridoc】

戸塚にある歯科 とりがおか歯科 本田です。

Dr.Toridocは当院の鳥のマスコットの名前です。

患者さんから、過去に質問を受けた中で、みなさんも同じように疑問や不安に思われていることがあると思いまして、このカテゴリーをつくりました。

今回は抜歯後に注意することについてです。

当日してはいけないことはとくに3点あります。血流がよくなり出血しやすくなるためです。

■激しい運動  ■飲酒  ■長いお風呂

傷の治りが悪くなるため、喫煙も避けていただいております。

出血については圧迫止血が基本となります。

■ガーゼは止血のため10分しっかりかんで下さい。その際はガーゼがずれたりしないように、必ず座った姿勢をとるようにして下さい。

■傷口にスポンジ状または網状の血止めのお薬が入っていることがあります。これは血が止まりなすくなるように、また血餅というかさぶたを作りやすくするため使用することがあります。最終的には体に吸収されます。この場合、やさしくうがいをしてください。もしもとれてしまったらそのままで破棄して頂いて大丈夫ですが、出血がある場合はガーゼで圧迫止血するようにします。

お薬について

■抗菌薬(抗生物質)、痛み止めが出ることが多いかと思います。抗菌薬については処方されたら必ず飲みきるようにしてください。中途半端に飲まなくなると抗菌薬に対する耐性菌ができてしまい、その抗菌薬の効きにくい身体になることもあります。

■痛み止めは痛みがない場合は飲まなくてもかまいませんが、痛みを我慢して血圧が上がり、出血することもあるので、我慢しすぎないで適量を使用ください。

お食事について

■麻酔がきれるまでの間(1時間~2時間)は頬をかんでも気付きにくく、熱いものでやけどをしても気がつかない事もありますので麻酔が切れてからのお食事をお勧めします。

お子様の場合

麻酔が効いている間はその部分の感覚がなく、誤って頬や唇をかんでしまったり、おもしろがって唇を吸うなどの行為をすることがあります。

傷をつくったり、腫れたりするので保護者の方は注意していて下さい。どうしても気になるような場合は小さめのタオルなどを事前にかませてあげて下さい。

特殊な麻酔をしている患者さんの場合(下顎孔伝達麻酔など)

通常の麻酔より効果時間が長く、麻酔が切れるのに6時間くらいかかることもございます。短時間で切れないからと言って、心配なさらないで下さい。

抜歯後はどんなことに注意するべきか、まとめさせていただきました。その他、処置の難易度や、お体の状態によって(全身疾患との関連など)で留意事項が増える場合もございます。

担当の先生の説明をよくお聞きになりまして、不安な点があれば、先生に質問することをお勧めいたします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
とりがおか歯科
https://torigaoka-dc.com/
住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
TEL:045-870-4182
横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
訪問診療も行っております。土日診療!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇