ご予約・お問合わせ045-870-4182ヨイハニ
診察・お電話受付:平日(月〜金) 9:30〜13:30 | 15:00〜18:00
土曜 9:00〜13:00 | 14:00〜17:30 日曜 9:00〜14:00 水・祝休診 P3台有
〒244-0001横浜市戸塚区鳥が丘51-9

とりがおか歯科
予約・お問合わせ

045-870-4182ヨイハニ
午前
午後
  • 月~金:●9:30~13:30/●15:00~18:00
  • 土曜日:●9:00~13:00/▲14:00~17:30
  • 日曜日:■9:00~14:00
  • 休診日:水曜・祝日

ブログ●●とりがおか歯科のブログ

  • 2015年11月21日

    iPS細胞と歯科

    戸塚にある歯科(歯医者) とりがおか歯科 本田です。

    戸塚にある歯科(歯医者) とりがおか歯科 本田です。

    2007年11月20日は京都大学 山中教授がヒト皮膚細胞から、万能細胞(iPS細胞)を作製したと発表した日となります。

    この日を境に、さらに日本の再生医療が世界からも注目されるようになりました。

    現在、眼科領域では滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性におけるiPS細胞から網膜色素上皮細胞を作成しシート状にしたものを移植したり、

    心不全において、心臓移植の方法以外に、心筋シートをiPS細胞から分化させ、細胞を集めシート状にした心筋細胞シートを心臓に貼る方法で血流を確認できたりと、各方面で再生医療へ光が見えてきております。

    歯科領域においても、まずiPS細胞を作製するにあたり、親不知の歯髄から作製することの方が効率よくiPS細胞を作製できたり、また今後はインプラント治療にかわる第2の永久歯を再生できるようになるのではと期待されております。

    象牙質やセメント質、歯根膜のもとになる神経堤細胞はiPS細胞から誘導できていましたが、最近になりiPS細胞から、エナメル質をつくるエナメル芽細胞の誘導に成功したという報告(東北大学)もあり、歯の再生も夢ではありませんね。

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
    訪問歯科診療も行っております。土日診療!
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年11月14日

    世界糖尿病デー

    戸塚にある歯科(歯医者) とりがおか歯科 本田です。

    今日は 愛と希望と勇気の日 だそうです。

    毎日、今日はどんな日かなと調べていたりするのですが、

    世の中、色々な日があるんですよね。

    いい石の日とかもあるそうです。庭に置く石も色や形で庭の雰囲気もらかわりますのでね^o^

    医療の分野では、インスリンの発見者であるバンディング先生の誕生日ということで、糖尿病の脅威について認知してもらうために制定された世界糖尿病デーだそうです。

    糖尿病は静かに迫る病気であり、無症状であることも多いです。糖尿病は血糖値が高い状態が継続している病態で、糖尿病が悪化し 『しめじ』⇨しびれ、眼の障害(網膜症)、腎障害など

    の症状が出たときにはかなり進行している状態です。

    糖尿病と歯周病は相互に関連しており、糖尿病になると、免疫力も落ち歯周病も歯周病菌の猛威に抵抗できず、進んでしまうことも多いです。

    歯周病を治療することで、糖尿病が良い方向に症状改善されるという報告もあります。

    糖尿病の方は、歯科での治療や管理は重要ですし、そうでない方も、歯周病治療や予防が、糖尿病予防にもつながってきますので、歯科でのチェックをおすすめいたします!

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
    訪問歯科診療も行っております。土日診療!
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年10月15日

    手洗いうがいと呼吸と歯科の関係

    戸塚にある歯科(歯医者) とりがおか歯科 本田です。

    めっきり寒くなりましたね。

    寒さとそして乾燥して、喉の風邪をひいている方も多く

    なりましたね。

    風邪の予防の基本は手洗いうがいです。

    インフルエンザ予防もこれが重要ですね。

    加えて、口呼吸により口の乾燥を引き起こし、唾液が少なくなると風邪になりやすくなります。

    人間は誰から習う訳でもなく呼吸しておりますが、人間は鼻呼吸が通常の呼吸となります。

    これが、慢性の鼻炎や歯並びが悪いなどで鼻でうまく呼吸ができない条件があると、口呼吸になると考えられます。

    唾液には、菌を殺す作用があったりします。また、鼻には鼻毛という微生物のフィルターがあります。口呼吸で口が乾燥すると、ダイレクトに喉の方に行ってしまい、定着して風邪をひいてしまうと考えられます。

    手洗いうがい、鼻呼吸。これが風邪予防には重要です。

    口呼吸かなと思ったら、とりがおか歯科まで。

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
    訪問歯科診療も行っております。土日診療!
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年10月10日

    目とお口の関係 歯と歯が触れてませんか?

    戸塚にある歯科(歯医者) とりがおか歯科 本田です。

    今日は目の愛護デーだそうです。

    目は様々な情報を僕らにくれます。

    ですが、パソコンのモニターやスマホのディスプレイから目への刺激はかなりあるかと思います。

    すこし、今日くらいは目を休められるとらよいですね。

    現代社会では、何らかの形でパソコンを使わない仕事はないくらい普及し、スマホはみなさまお持ちになっております。

    目への刺激はお口にも影響し、とかく歯と歯を触れ合わせてしまう、ひどいとかみしめたり、はぎしりしたり。

    そのような反応を起こすことで目から受けた刺激ストレスを解放しているとも言われております。

    そうした場合、影響を受けた歯や顔面周囲の筋肉は痛みとして身体に影響を及ぼします。

    虫歯はないけれど、歯がしみるとか、頭痛が激しい、舌になにもできてないけど、違和感があるなどの症状は、この歯と歯があたる『歯列接触癖』が関連しているかもしれません。

    思い当たることがあれば、まず、とりがおか歯科でご相談ください。

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
    訪問歯科診療も行っております。土日診療!
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年10月08日

    入れ歯感謝デー

    戸塚にある歯科(歯医者) とりがおか歯科の本田です。

    今日は入れ歯感謝デーだそうです。

    なるべく入れ歯にならないようにご自身の歯を保つのが一番ではありますが、入れ歯だから全てが使いづらいとか、デメリットしかないといった風潮がなんとなくありますよね。

    入れ歯はきっちりと作って調整していけば、人間にとって便利な道具であることは間違いありません。

    道具と申しましたが、限界もありますが、きっちりやれば身体の一部になります。

    その身体の一部になる入れ歯に、時々ありがとうと感謝してあげる。いつもより入念に綺麗にしてあげて下さい。

    きっと入れ歯も喜んで、もっと良い仕事をしてくれると思いますよ!

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
    訪問歯科診療も行っております。土日診療!
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年09月24日

    歯科技工士の日

    戸塚にある とりがおか歯科 本田です。

    今日は歯科技工士記念日だそうです。

    歯科技工士は国家資格であり、学校によっては四年制で卒業という学校もあります。

    歯科技工士さんは、失った歯を補うものを作るだけではなく、歯および、手術や病気で失った顎顔面周囲の組織を補うものを作ることもあります。

    そこには、卓越した技術はもちろん、その患者さんを思いやる気持ちがないと到底成り立たない、それくらい大変な職業でもらあります。

    歯科診療において、歯科技工士さんはなくてはならない存在です。

    患者さん-歯科医師・歯科衛生士-歯科衛生士

    患者さんを中心として三位一体で医療が成り立っております。逆にこの関係が崩れてしまうと、医療としてはよい方向に向かいません。

    とりがおか歯科の歯科技工士さんはみなさま優秀な方が揃っており、必ずや患者さんのためになる素晴らしい技工物を作り上げてきてくれます。

    歯科技工士さん、この場で恐縮ですが、いつもありがとうございます。

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
    訪問歯科診療も行っております。土日診療!
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年09月15日

    デンタルケア用品 人気ランキング

    とりがおか歯科 本田です。

    当院でもデンタルケア用品を多数取り扱っておりますが、人気を誇るのがこの2点

    ★ フロアフロス 【左のフロスです】

    ★ ルシェロ 歯ブラシ ピセラ 【右の歯ブラシ】

    フロアフロスについては、以前もご紹介いたしましたが、「とにかく歯茎にやさしい」です。

    今までのフロス(糸ようじ)は、糸の部分が細くてなんとなく硬いため、歯の間に通す際に歯茎にあたると痛いことが多かったと思いますが、

    フロアフロスについては、通すとふわっと広がってくれて、やわらかく歯茎にあたります。

    これは384本もの繊維による効果で、かつ、歯茎の中に入り込み、汚れをからめ取ってくれます。

    フッ素も練りこまれており、その虫歯予防効果も期待できるかと思います

    ルシェロ 歯ブラシ ピセラについて

    歯ブラシについてはシンプルなものをおすすめすることも多いのですが、

    このピセラについては、比較的小さなヘッドで若い方から大人まで、また、毛の柔らかさも選べ、歯周病用のやわらかさもあります。

    歯と歯の間については、フロスで汚れを取るのが基本ですが、こちらの歯ブラシは、先端部分に毛を密集させた部分があり、これにより歯と歯の間は磨きやすくなる形態です。

    そして、色も数多くあり、ビビットな色もそろえているため、かわいいと人気です

    とりがおか歯科で人気のデンタルケア用品、またご紹介できればと思います!

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    診療科目:歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
    訪問歯科診療も行っております。土日診療!
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年08月15日

    永久歯列完成期に注意すべき虫歯・歯肉炎・歯並び(矯正)

    ■永久歯列完成期(12歳くらいから) ■

    永久歯がすべて萌出してからは虫歯のケアと共に積極的な歯肉炎・歯周病予防に取り組みましょう。 

    思春期にかけては口臭や歯並び等も気になるところ。 

    自分は大丈夫という過信は禁物です。

    写真は、歯並びが悪く、歯肉炎や虫歯のリスクが高かった患者さんの写真です。

    こういった患者さんも、とりがおか歯科での予防歯科と、Dr方山の矯正治療を併用することで、健康的なお口をつくることも可能です。

    きれいなお口は健康な体と共に素敵な笑顔と楽しい会話も作り出します。 

    自信を持って友達や家族と会話をしたり、おいしい食事を楽しんだりするためにもとりがおか歯科での定期的なクリーニングで口腔ケアに努めましょう。

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年08月15日

    成人以降 虫歯・歯周病・お口の健康

    ■成人以降 ■

    親知らずが萌出(もしくは埋伏)することにより虫歯も歯肉炎や歯周病もないのに歯が痛み始めることがあります。 

    骨の中で横になって埋まっている親知らずは歯並びを悪くさせることもあります。 

    成人以降、虫歯の発生率よりも歯周病の発生率が高くなります。 

    今まで虫歯がなかったので子供のころから歯科にかかったことがない方も、歯周病にかかることはあります。 

    虫歯菌と歯周病菌は違うからです。 

    今まで虫歯になったことがないから歯周病にもならない。ではないのです。 

    自分の歯で一生を過ごすためには、年を重ねてからの歯周病対策では手遅れなこともありますので… 

    痛くなる前にとりがおか歯科での定期的なクリーニングを!

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  • 2015年08月08日

    混合歯列期 虫歯・歯肉炎・お口の健康

    とりがおか歯科 本田です。

    乳歯と永久歯が混合して生えている時期はどのようなことに気を配るべきかを書かせていただきました。

    ■混合歯列(5歳くらいから12歳くらいまで) ■

    乳歯が永久歯に交換する時期はとても虫歯や歯肉炎になりやすい時期です。 

    また、生えたての永久歯は柔らかくとても虫歯になりやすいです。 

    なんでも食べられるようになり、お菓子などの嗜好品も増えてくる時期かと思います。 

    甘いものを食べてはいけないとはいいません。 

    お子さんの好きな食べ物を程よく食べさせてあげられることは、親子共に幸せなことだと思います。 

    甘いものを食べた後、すぐに歯磨きができなくても、お水を一口飲む、口をゆすぐなどしてみてください。 

    帰宅してからは念入りな歯磨きをしましょう。 

    美味しいものを食べ、しっかり歯磨きをする。 

    心身ともに幸せな気持ちになります。 

    また、この頃後磨きを嫌がるお子さんも増える時期だと思います。 

    ただ、この頃までにフロスも含め、正しい歯磨き習慣がついていればお子さんだけでもしっかりとお口のケアができるはずです。 

    それでも完璧にきれいにするのは大人でも難しい… 

    仕上げ磨きはとりがおか歯科にお任せください! 

    ピカピカの白い歯と共に健康的なピンク色の歯肉を目指しましょう!!! 

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    とりがおか歯科
    https://torigaoka-dc.com/
    住所:〒244-0001 横浜市戸塚区鳥が丘51-9
    TEL:045-870-4182
    横浜市営地下鉄 ブルーライン 踊場駅 徒歩9分
    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

戸塚にある地域のかかりつけ歯科「とりがおか歯科」のブログはこちら

「とりがおか歯科」では予防歯科に力を入れ、戸塚でかかりつけの歯医者として小さいお子様はもちろん、大人の虫歯やお口の感染症予防に努めています。今後さらに増えていく訪問診療や、健康的な歯並びに改善をする矯正治療も行っております。

戸塚の歯科、踊場駅近くの「とりがおか歯科」が更新する当院の紹介や院長の独り言、患者さんの疑問にお答えするブログが満載の『とりがおか歯科ブログ』はこちらです。